メール&チャット鑑定「占いイズム」
メール&チャット鑑定「占いイズム」

2014年12月24日(13:38)

誰の言葉に耳を傾けるのか

情報というものは、

その性質上、上流であればあるほど

純粋な情報になります。


どんな情報であってもその性質に影響されます。

例えば、伝言ゲームのように

下流になればなるほど、その純粋な情報の中に

不純物が紛れ込むようになる。


人生を決める場合、人に相談することは大事であり、

色々な情報収集が必須なのは真理です。


ただ、あなたはどこから情報を得ているの?

という点を見つめていますでしょうか。


その情報は、どこから流れているの?

何故あなたはその情報を元ネタにしているの?


必ず自分自身でチェックを怠ってはならないのは、

  • その必要の情報は、上流にどこまでさかのぼってみたのか?

ということです。



あなたの人生です。

大事な人生を左右する情報源は、

あなたにとって信頼に値するものでしょうか。


可能な限り、情報源をさかのぼってチェックする癖は

常に意識したほうが賢明です。

何故なら、あなたの大切な人生を左右するからです。



合掌

タグ

2014年11月 4日(19:09)

尊厳死 メイナードさん

法律的に、どのように法整備することだけではなく、

生命というものに対して非常に考えさせられる。


ただ、これは本人の自由とするのか、本人の自由ではないとするのか。

日本でも名誉の死というものがあって。



これは時代背景によっては可とされていたわけで。

延命治療の分野に、宗教的な切り口や生命倫理を

より一層話し合われる流れになるのだろう。


自殺と捉えられるのか、安楽死と捉えるのか。

それは呼び方の違いだけであるとも言える。


医療の発達は、また人間の倫理観の多様化と進化が、

これらの問題にどのような答えを人間は出していくのか。


私の個人的な意見としては、

生き方は自分で決めるわけだし、

死に方に対して自分の意見を反映させることは、

生き方を決めることでもあるし。



彼女の意見自体は、尊重されるべきものであると思う。

ただ、その結果は全て、彼女が受け止めるしかないのも

合せて理解すべき最も重要な点なのだと思います。


いずれにしても、彼女の生を生きたことに対しては

お疲れ様と言いたい。

ご冥福をお祈り致します。

タグ

2014年10月30日(14:45)

自然との調和によって

人が活きる中で遭遇する問題の多くは、

自然との調和に欠けていることから発生しているのでしょう。



何故そのようなことが言えるのかといえば、


人間そのものが自然の中から発生ているからです。


自然のルールや概念を無視しては

当然その無視した分だけの不調和な問題を

その本人が引き受ける事となります。



多くの場合、何が良くて何が悪いのか

その価値判断を社会的道徳や法律、そして個人の体験によっています。



これは人生を体験する意味ではとても貴重なものですし、

間違いではありません。


ただ、それもあくまで「自然との調和の上において」であるのです。

自分が何であるか、何者であるか、忘れてはなりません。


人は皆、「自然的な存在」なのです。

太陽の光や水、森の木々や川の流れ、空気、動物たち。



多くの自然がありながら、そこに意識せず居るのではないでしょうか。

時に、自然の存在を意識的に感じ取ろうとしてみることも

ご自身の生活に潤いを持たせるキッカケとなりましょう。

合掌

タグ

2014年10月21日(21:28)

占い師の日常

占い師の日常って不思議に思われる事が多いですね。

基本的には、朝は少し遅く起きて

簡単に朝食をとって

一日の情報収集を簡単にして。



あとは基本的には、健康に気を付けてはいます。

不調和な日常生活をしていると

自分の感性も鈍りますからね。


食生活も意外と大事にしてるんです。

良い食事は感性を鋭く保つのには必須ですからね。



そして鑑定がある時には

対象者のデータを見ながら思案。


最初はなかなかエンジンがかからないので

ゆっくりと考察を深めていきます。


いくつかのご依頼をこなしていく内に

エンジンがかかりってきて寧ろ止まらなくなります。


まぁ、自分の調子とご依頼の件数が同じようにあるわけではないので

その辺りはしょうがないんですけど、

その日の予定をこなし終えれば終了という感じです。


毎日、色々な鑑定をこなしていく内に

自分の中での様々な感性の刺激を受けて変化をしていきます。


自分では気付いている部分もありますが、

自分で認識できていないところの変化が確かにあります。


それは自分の鑑定に対する姿勢、想念行為が

その反映に影響しているのだと分析しています。


自分は日々どのような態度でご依頼に向き合っているのか。

鑑定に対してどのような思いを抱いて取り組んでいるのか。


日々確認しながら、思いの中で不調和な部分があったのなら

それは素直に自己反省を積み重ねていこうと意識しています。



そんなこんなで、今日も一日が更けていくのですね。

合掌。

タグ

, ,

カテゴリ:日記

2014年9月11日(22:26)

占い師の心得

占い師を生業にする中で

自分の中できちんとした価値観の線引を持っていないと

いけないと思います。



他者に対して時として大きな影響を与える仕事でもあり、

自分の気持ちのムラや価値観を押し付けることなども

常に気を付けていないといけないお仕事です。



人様の人生にどのように影響するのかは

常に意識して言動を心掛ける必要がありますし、

何より慈悲と愛の心を持って行為していなければ

適切な導きをすることも本来できないでしょう。



自分はその人に何を影響することになるのか。

その責任や重みを感じながら日々の活動をするべきですね。



人の心に光を与えられるような人格形成と日々の行いを

淡々と行じていきたいものです。

タグ

,

カテゴリ:日記

このページの先頭へ