2014年10月アーカイブ

2014年10月20日(17:00)

幸せの呪文

言葉というものは、不思議なもので、人の事を言っているのは、実は、自分の事を相手になぞらえて言っている時があります。

人に指差すというのは、結局は自分に指差しているモノなのです。

本当に大切な事は、人の振り見て我が振り直せですね。

人の良い部分、ちょっとなあと思う部分を相手を見ながら、自問自答していくと、次第に人に対しての言葉が、とても人に気遣い、人を尊重する言葉選びをするようになるでしょう。

幸せの呪文は、人にやさしい言葉を伝える事です。

そうすれぱ、貴方自身がそうであるという事につながるのです。

そういう点で、人は鏡的につながるのでしょう。

苦しい事を感じた時に、ちょっと人に対しての会話を優しくしてみると、相手から貴方に対して気づかいをしてくれる言葉に切り替わっていくでしょう。
何でも初めは難しく感じますが、日々、一つ一つの経験が、貴方の人生の基盤を作ると思って、チャレンジしていきましょう。

幸せ探しは、貴方自身が呼びこんでいくものです。

貴方に大きく実る幸せが到来します様に!

タグ

カテゴリ:

2014年10月19日(21:07)

自然を受け入れる!

物事は、自然の流れに任せる事も大切な解決策になる事もあります。

運気が良い時には、頑張って物事の打開策を行動する事によって、導きだす事が出来るのですが、運気の弱い時には、思うようにしようとして努力すればするほど、かえって、その反対となる時があります。そういう時には、無理をしないで、時、即ち、タイミングを待つ心の余裕も大切です。

運気を肌で感じる、しんどいと思ったら、ちょっと一呼吸置いて行動してみる事です。

そして、物事が達成するかどうかを見ていきましょう。

急がば廻れの精神をここで、活用すると考える事です。

近道が良いとは限りません。

運気を上手に捉える事が必要です。

例えば、水と火、対照的なものですね。

火の勢いが強ければ、水は、沸騰し、沸騰した水は、火を消してしまいます。

しかし、程よい適温ならば、喉を潤し、体を清める事が出来るものです。

過ぎたるは及ばざるが如しという諺が、ここに生きてくるものです。

これから、ちょっと自分を取り巻く運気を繊細に捉えていく意識をされては如何ですか?

物事は、必ず結果に向かって進んでいくものです。

その結果を良いように導くために、今の積み重ねを慎重にしていくと、良い結果が自分に戻って来ます。

苦しく感じる時こそ、地道な努力の積み重ねが、貴方に良い結果を招いてくれることでしょう。

これから、力まずに、自然と向き合っていきましょう。

タグ

カテゴリ:

このページの先頭へ