2014年12月アーカイブ

2014年12月 4日(15:44)

「彼の浮気を本気にさせる一言」を言ってしまってませんか?

男性という生き物はなんというか純情・・・な生き物なのかも。

自分のタイプの女性が、彼女とデート中だったとしても、目の前を歩いていくと

「彼女すてきだなあ❤」となってしまう生き物・・・。

可愛い奥さんがいても、自分に好意を寄せてくれる女性には

好いカッコを見せたい!何とかその思いにサービスしてやりたいなあ!となってしまう生き物・・。

自分のためにおいしい料理を用意してくれたりする親切な女性には悪い気がせず

ホイホイとついていく生き物・・。

男性の潜在意識にはしっかりと「種族保存本能」がありますから、こういうのは当然と言えば当然なのですが、一夫一婦制の道徳観念の法モラルの下ではもはや男性の目移り=浮気の始まりと考える女性が多いことも事実です。

でもデータ上では男性の目移りが浮気に発展するのは20パーセント。

でもそれが本気になるには「浮気をされた!」と早とちりした女性の言葉が後押しする場合が多いようです。

ご注意ください。

彼の目移りがわかった時、「あなた好きな人が出来たの。そうわかったわ...わかりました。」

「私のことはもう好きじゃないのね。」

「その人のことが好きなのね・・。じゃあ、私はもういいわ...」というような諦めの言葉を早々に出してしまうと、男性のほうは「ああそうか。わかってるんだな。」と単純に受け取ってしまいます。

女性なら、その裏にある苦しみとか悲しみの感情が言わせている言葉だと理解できても

男性には理解不可能・・な言葉だからです。

そして男性から別れを切出された女性の中には

感情的に「○○年も私と付き合っていてあれはなんだったの!」

「どういうつもりで私を捨てようとするの!」と言ったり、連絡をくれなくなった彼に1日に何回もメールを送りつけたり、彼の職場に彼の悪口を流したり、ストーカーなどの破滅行動に走る方も・・。

連絡しても感情的に、ネガティブな恨み言を並べるだけの女性に

よりを戻したいと思う男性はほとんどありません。

ではどうしたらいいのか?

ズバリ「あなたが彼が惹かれていたころのあなたに戻ること」です。

ただ、好きになって付き合っていたから、そんなことわからないと思ったときには

どうしたらいいかを占い師にアドバイスしてもらいましょう。

よく「今の彼の気持ちは?」というご相談を受けますが、

大事なことは今の彼の気持ちではなく、あなたの危機の乗り越え方。

彼の心にあるあなたの価値をどう取り戻すか?なんです。

そのことについてアドバイスを求めることが大事でしょう。

タグ

カテゴリ:

このページの先頭へ