メール&チャット鑑定「占いイズム」
メール&チャット鑑定「占いイズム」

2015年1月16日(19:37)

恋愛や結婚は最初が肝心です

こんにちは。

恋愛していてお互いがまだよく知らないときにはお互いをよく見せようとします。

ありもしないことを話すことがあったり、隠したりする場合があります。

人間関係は信頼が基盤になります。

信頼はその人が誠実であるということです。

あなたの彼は誠実ですか?

彼女は隠し事をしていませんか?

芸能人などでも「実は隠し子がいた」とか報道されていました。

お相手に隠していても、やがてそれはわかってしまいます。

事実をありのままに話し、それを受け入れるか、はじくか。

それはお互いの信頼と経験と心の受け皿の大きさにもよります。

最初に話しをして、どうするのか。

何もない人はいません。

最初に話をしないと、あとからは不安と責任で押しつぶされます。

もし最初で反応が悪いなら、それはそれまでのご縁ということでしょう。

相手のことを受け入れるということは、簡単なようでそうでもないのです。

でも最初にすれば次の機会はすんなりということでしょう。

隠し事はいけませんよ。

タグ

カテゴリ:

2015年1月14日(19:45)

恋愛中に冷静にお相手を観察することが大切です

恋愛は自分の癖がよく出ます。

相手の選び方や考え方など、「自分はこうなのだけど・・・」というような問題がたくさん出ます。

最初はなんとなくいいなと思って付き合いだした2人ですが、会話や共有する

時間が増えてくると、さまざまなことが見えてきます。

家族の話ばっかりする・・・というのはよくあります。

男性が「うちの母親が・・・」ということはよくあります。

マザコンと思う場合はどんな場合かといえば線引きが難しいです。

一番ひどいケースの場合は、旅行先にも母親を動向させるということがあるようです。

これは極端なケースですが、しょっちゅう家に帰りたがるというのはその可能性が

高いかもしれません。

お互いの癖は気づかないうちはいいのですが、気づいたら目につきやすくなります。

気持ちが高ぶっているときは「いいところばかり」が見えます。

時間がたつと違ったものが見えてきます。

性格や趣味、お金の考え方、仕事に対する考え方、家庭のなかでの育った状態など

たくさん見えてきます。

すべてだめな場合はすぐにでも離れたほうがいいでしょう。

すべてが合うなんてことはまずありません。

自分の許容範囲であって、納得できるならそれは受け入れましょう。

観察することは大事です。

その人と結婚することになって、あとから泣きを見るということがないためにも

その間の猶予期間だと考えましょう。

タグ

カテゴリ:

2015年1月11日(19:12)

結婚は当人同士の関係でもあり、親子の関係でもあります

こんにちは。

結婚すると、嫁姑の関係で大変ということを聞きます。

結婚は当人同士の関係と契約なのですが、同時に親子関係が発生するという

ことがあります。

今でも昔でも嫁姑の問題があります。

夫となった人との関係よりも、その親のほうが大変ということはよくあります。

結婚にいたるまではそれほど相手のかたの父母との付き合いはありません。

近所に住んでいない場合は夫婦の関係で収まりますが、近所にいる場合や同居している

場合には関係が深くなっていきます。

付き合っているときに、親子の関係が良好な人の場合には、相手の人の親との関係もうまく

築くことができる場合が多いです。

今の時点で親子関係が良好でない場合には、相手の人の親に対しても付き合い方が

わかりません。

嫌いという感情の前に、どのようにしていいのかがわからないのです。

自分の経験していることが、相手を通して映し出されます。

無理してあわせるとなると心が苦しくなるかもしれません。

このように、夫婦で終わるならいいのですが、親族関係が出てくるとその親子がどのような

人生を送ったのかがよくわかります。

お相手や自分厳しい状態で育った場合には親に愛着がなく、疎遠になる可能性があります。

その場合には、自分を癒すことからはじめましょう。

そうすることにより、お相手もその親も接し方が変わる可能性があるのです。

育った環境も、人生経験もすべて違い、親は生きた背景も時代も違います。

総合的に見て、自分がどのくらい受け入れることができるのかを考えることも見極めとしては

重要なことなのです。

タグ

カテゴリ:

2015年1月10日(20:30)

恋人の段階で相手のかたを見極めるのが大切です

恋愛は人生のすべての要素を含んでいます。

相手の兄弟、姉妹、家族関係、家庭の問題、個人の問題など聞くといろいろとあるなと

感じている方もいるでしょう。

デートなどで話をするなかで、さまざまなサインが出てきます。

そこを見逃したり、スルーすると問題がこじれる場合があります。

たとえば、女性がおとなしいタイプで男性が強く攻撃的な性格だとします。

彼は強引に話をもっていき、彼女が嫌だなという顔をしても勝手に決めてしまいます。

服を選んだといい、彼女の好みを無視してプレゼントします。

彼女は嫌だけど、彼がせっかく買ってくれたのだからともらいます。

ここで、彼は「気に入ってくれた」と思い込みます。

彼女は「彼に嫌われたくない」という心理があります。

この場合には、強いほうが相手をを抑えてしまいます。

そして、弱いほうは「自分が我慢すれば丸く収まる」と思い込んでしまいます。

ここで見極めが大切です。

このままいって、「自分の気持ちを押さえ込んだままでいいのか」と考えが出る場合は

離れることになります。

これもご縁で、「彼は自分を好きなんだから言うことを聞かなくっちゃ」と思うなら

強弱の関係性が続きます。

我慢は幸せな状態ではありません。

人は時には我慢は必要なときもありますが、押さえ込んでいることは自分の本来の気持ちを

沈めているに過ぎません。

人との関係はだましたり、押さえ込んだりするものではありません。

お互いの尊重と信頼の上に成り立つのです。

自分を出せていないと感じるなら、出していきましょう。

そして関係が壊れるのなら、それまでのご縁なのです。

それがわかり、自分の気持ちはこうだと出せるようになると、調和を基本としたお相手が

出てくる可能性があります。

恋愛中は勉強です。

よくお相手を見て見ましょう。

タグ

カテゴリ:

2015年1月 4日(20:14)

恋愛していて結婚してはいけないときのサイン

こんにちは。

恋愛していて、結婚の話がでるときがあります。

何年つきあったとか、何ヶ月とか期間はまちまちですね。

このときに、結婚してはいけないというサインを見逃さないでください。

そのひとつとして、話がうまく進んでいかないといことがあります。

無理をして進めると、結果がよくないことがおきる可能性が大きいです。

物事を形にする際には、スムーズに進むということが流れに乗っている状態です。

それを無理して形にしようとすると、うまくいきません。

お互いの気持ちがかみ合わないときや相性がよくないときには焦りは禁物です。

この人と結婚して、どうだろうかと悩むことはあります。

そのときにお互いどのくらい合うことがあるのかは重要です。

そして、一緒にいて楽しいかどうかも重要です。

無理をして合わせるのではなく、自然と合うのです。

全部合うことははありあせん。

ただ同じようなものが好きでないと、長続きしないことはあります。

相手の人が好きということは一番必要です。

そのなかで、どういうことが自分と近いのかということを考えていくことがいいでしょう。

趣味などもいいです。漫画がすきとか音楽やスポーツでもいいです。

お金に関しても重要です。

片方はがっちりためるタイプで、もう一人は湯水のごとく使うタイプではまるで

かみ合いません。

細かなところで相手を見極め、サインをしっかりと見つける。

それが恋愛をしていて結婚にふみきるかどうかの重要な項目です。

人は変化します。

その変化も柔軟に対応できてこそ、お互いの成長があり、よい関係を築ける基になるのです。

タグ

カテゴリ:

2014年12月24日(19:40)

恋人のいない人はお相手をイメージする

こんにちは。

20代の人は、若さで相手をひきつけられます。

ある程度の年齢になると、顔やスタイルでは引き寄せられません。

スピリチュアルの世界では相手がほしいと思うときはどんな人がいいのかを紙に

書き出すことがいいといわれています。

たとえば、

性格は優しくて、知的な人。よく気がつく人。

本をよく読む人で、話の仕方が穏やかな人。

おおらかさがある人。

身長は170センチくらい。

体重は65から70キロ。

中肉中背。

髪が短くさっぱりしている。

顔は二重まぶたでやさしい感じ。

年齢は35歳から40歳くらい。

仕事は会社に勤めている人。

結婚をしていない男性。

髪の色は黒がいいです。

髪はふさふさ。

お金を気前よく出す人。

とこのように、細かく設定します。

中身、性質、資質を重視して書きます。

そしてできればイメージするか、絵を描きます。

自分と理想の人が向き合っているところとか、手をつないでいるところなど

自由に設定してください。

寝る前にイメージするといいです。

このように自分がどのような人がいいのかをはっきりと表にだします。

結構効果的ですよ。

タグ

カテゴリ:

2014年12月20日(19:21)

我慢はぎりぎりまでしないで助けを求めることも必要です

仕事などの人間関係などで、相手に振り回されたり傷つけられたり

するときがあります。

耐えなければならないときもあります。

たとえば入社したばかりで右も左もわからないときや仕事を覚えていないとき

などは時間と人の言葉と態度に耐えなければならないときでもあります。

ひどい言葉や態度を浴びせられるときがあります。

意外と自分では気がついていなくて、(自分が嫌われることをしているという意味です)

厳しい言葉を受けるときもあります。

相手の人のパワーが強い場合や、立場などを使って追い込まれることも仕事の

世界ではあります。

我慢をしなければと思うと、いずれは心が折れてしまいます。

苦しさを吐き出すところがなければ、そのエネルギーは滞ります。

体調に変化が出始め、思うようにならなくなるときもあります。

自分の身が壊れるくらいに我慢をしてはいけません。

苦しい時には助けを求めたり、相談したりすることが重要です。

自分の心の状態は自分で守らなければなりません。

それが壊れるまでそのままにすると、修復ができにくいことが起こります。

吐き出すということは、滞ったエネルギーをそとに出すことでもあります。

助けを求めることは恥ずかしいことでも、弱いことでもありません。

自分の視点では見えないことが第三者の力で楽になることがあります。

この考えは大変大事なのです。

タグ

カテゴリ:

2014年12月13日(19:03)

泣きたいときは泣きましょう

人生の中で、悲しいとき、苦しいときは必ずあります。

そのとき、我慢をすることはやめましょう。

苦しい気持ちは吐き出し、悲しい気持ちは泣いて解放するのがいいのです。

感情はエネルギーです。

そして体に大きな影響を及ぼします。

溜め込むことでいいのはお金だけで、あとは解放するか捨て去るかがよいエネルギーを

入れる鍵となります。

失恋して悲しい!

泣きましょう!

怒りがこみ上げてきて叫びたい!

どこかへいって叫びましょう!

それが人生の重苦しいものを解放するひとつの方法です。

タグ

カテゴリ:

2014年12月11日(04:05)

大人の恋はゆっくりと進む

こんにちは。

鑑定をたくさんしてきましたが、そのなかでも30代・40代のご相談者のかたの

恋愛のお悩みが多くなっているのが特徴的でした。

20代のころは、外見や同じくらいの年代の人が恋人やパートナーとなるケースがほとんどです。

社会人になると、年齢や経歴、出身地、家庭環境など人生に織り込まれているものが複雑になるので、

お相手に大きく変化が見られます。

そして、結婚年齢や社会の変化によって、恋愛する年齢も30代以降が本格的となっているようです。

さて本題です。

人生経験をつんで、若いころのように「キューン」として出会いを求めるということが少ないのではないでしょうか。

男性にしても女性にしても、「絶対顔!」というところからいち早く脱却し、「これもご縁と考えようかな」

という柔軟な姿勢がいい運気を呼び込みます。

前向きであることは人生をひらく鍵となります。

美人がいいといっても、いつかは衰えます。

かっこいい人も年をとります。

熟年で必要な事柄は「いいことも悪いことも受け入れることができるか」ということに尽きます。

結婚を経験している人も多く、離婚も1度や2度は経験している人もいます。

最初にあって、特になにも感じないと思っても、お互いが会う時間をとり、共有する時間をもつことで

じじょにお互いを受け入れるのがいいのです。

「すきー!」といって突っ走る、すぐに結婚してくださいという。

熱しやすいものは冷めやすいのです。

ゆっくり、じっくりとお互いの距離間や気持ちを育みあうことで

「見た目はいまいちだけど、なんだか気持ちが落ち着く」とか

「お互いが気遣いできて思いやりがあっていいな」

とか顔や身長や収入なんかで選んでいたころの条件が吹っ飛びます。

人は本来はエネルギーであり、気持ちのある存在です。

どうしても生理的に受け入れられない場合はべつとして、大人として時間を楽しむということがお互いを理解し、

尊重できる関係を作っていくことがいいのです。

若いころとは違い、仕事や個人の状態を理解しながら進めていく恋も、会うときに生活のなかでの潤いと

なっていき、人生を豊かなもの変えていきますよ。

タグ

カテゴリ:

2014年12月 9日(19:40)

ネットやLINEなどの出会いについて

こんにちは。

最近はラインやフェイスブックなどで人間関係ができることがあります。

ネット上での関係は、想像の世界でもあります。

お互い文字でやり取りをしますが、顔や音声はないのでどんな人かを想像します。

そのやり取りの最中に、自分で考えた人と実物が大きくずれている場合があります。

そのときは早期に会うことが、お互いの思っていることのずれを少なくします。

時間をかければかけるほど、憶測や想像は膨らんでいき、私のような40代でも、

「どんな素敵な人なんだろう・・・」と勝手に考えてしまいます。

声だけ、電話や通話だけの場合も顔を想像します。

声が優しくて素敵。。。

と思っても、実物は・・・ということもあります。

これは男性・女性関係なくありますね。

このときも会ってみることをお勧めします。

私もそうですが、皆さんも想像力は豊かでしょう。

あれ?と思うこともありますが、会って話すことで安心感と相手を受け入れる姿勢ができます。

気が会う人で、楽しく時間が過ごせたら、その人とはうまくいく可能性があります。

出会いの形はさまざまです。

どんな形でも、ご縁があるから出会います。

(顔の見えない状態は気をつけなければならないこともあるので、注意も必要ですが・・・)

よいご縁を大切にして、お互いを育みあう関係がいいですね。

タグ

カテゴリ:

このページの先頭へ