2014年10月アーカイブ

2014年10月28日(19:11)

わたしの霊的な体験①

こんにちは。

わたしは霊的な体験はたくさん積んでいます。

一番恐ろしかったことは、以前のブログでも書いたことがあるのですが、

生霊が魔となって襲ってきたときです。

人間関係のなかで、人の気持ちをもてあそんだり、自分本意の関わりを

する場合には自我が前面に出ます。

女性の生霊でしたが、わたしの存在が疎ましかったようで、寝込みに

首に巻かれて締め上げられました。

このとき「われは光そのものである」というような言葉を唱えた記憶が

あります。

ちょうど、エネルギーレベルが高くなろうとしていたとき、自分の心の

なかに、大きな不安がありました。

その波長と同調しました。

意識の世界は波長の世界、周波数の世界です。

その怖い体験から、自分をみつめました。

恋愛がらみでしたので、その人の気持ちがきっとお相手の人に対して

深かったのでしょう。

独占したいという気持ちは自我でありエゴです。

本当の愛情は、相手を尊重し、お互いが自由であるということで

成り立つのです。

まだいっぱいありますが、今回はこれまでにしますね。

このブログで「魔とはなにか」をもう一度書こうと思います。

この内容は、極性を越える、2つの分離したものがひとつであるという

ことを理解するために書こうと思います。

内容はわかりやすくするつもりです。

体験も含め、法則を語ります。

いつになるかな。。。

お読みいただきありがとうこざいます。

占いイズムでお待ちしています。

タグ

カテゴリ:

このページの先頭へ