メール&チャット鑑定「占いイズム」
メール&チャット鑑定「占いイズム」
2015年1月10日(20:30)

恋人の段階で相手のかたを見極めるのが大切です


恋愛は人生のすべての要素を含んでいます。

相手の兄弟、姉妹、家族関係、家庭の問題、個人の問題など聞くといろいろとあるなと

感じている方もいるでしょう。

デートなどで話をするなかで、さまざまなサインが出てきます。

そこを見逃したり、スルーすると問題がこじれる場合があります。

たとえば、女性がおとなしいタイプで男性が強く攻撃的な性格だとします。

彼は強引に話をもっていき、彼女が嫌だなという顔をしても勝手に決めてしまいます。

服を選んだといい、彼女の好みを無視してプレゼントします。

彼女は嫌だけど、彼がせっかく買ってくれたのだからともらいます。

ここで、彼は「気に入ってくれた」と思い込みます。

彼女は「彼に嫌われたくない」という心理があります。

この場合には、強いほうが相手をを抑えてしまいます。

そして、弱いほうは「自分が我慢すれば丸く収まる」と思い込んでしまいます。

ここで見極めが大切です。

このままいって、「自分の気持ちを押さえ込んだままでいいのか」と考えが出る場合は

離れることになります。

これもご縁で、「彼は自分を好きなんだから言うことを聞かなくっちゃ」と思うなら

強弱の関係性が続きます。

我慢は幸せな状態ではありません。

人は時には我慢は必要なときもありますが、押さえ込んでいることは自分の本来の気持ちを

沈めているに過ぎません。

人との関係はだましたり、押さえ込んだりするものではありません。

お互いの尊重と信頼の上に成り立つのです。

自分を出せていないと感じるなら、出していきましょう。

そして関係が壊れるのなら、それまでのご縁なのです。

それがわかり、自分の気持ちはこうだと出せるようになると、調和を基本としたお相手が

出てくる可能性があります。

恋愛中は勉強です。

よくお相手を見て見ましょう。


nami
nami


→ 鑑定を依頼する

スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリ:

« 恋愛していて結婚してはいけないときのサイン | namiのBlogのホーム | 結婚は当人同士の関係でもあり、親子の関係でもあります »

このページの先頭へ