メール&チャット鑑定「占いイズム」
メール&チャット鑑定「占いイズム」

2014年10月20日(16:03)

何時までも二人の世界を。。

この世で縁あって出逢った二人の男女です。男(陽)女(陰)自然に叶多った当然の姿です。鳥や獣は子供を産み子供が人ぢでに巣立てば、親とも事も知る事は有りません。しかし人間は子供が出来れば離れる事はとても難しく、年と共に男女の関係が薄らいで行く中で子供可愛さに夫婦共に生活をしています。たとえ愛情の稀薄を感じても、これが鳥、獣との違いです。お互い不満を我慢しながら、老後に成るまで共に生活を続けて行きたいものです。

      朴周壮馬     拜

タグ

カテゴリ:

2014年10月20日(05:20)

男と女としか居ないこの世

人の世は神様が男と女をお創りに成りました。鳥類や動物は子供が大きくなって親の元を離れれがもう親子の縁は有りません。しかし我々人間は産み育てた可愛い我が子の為に、意の沿わない夫婦が薄らえる男女に中で子供の為に生活を営んでいます。漫談家、綾小路きみまろの話の中に、新婚当時は(貴方早く帰ってね)と送り出した可愛い女房が、40年経つと、亭主の扱いが手の裏を返したように変わってしまう。それを年配の観客は爆笑する。自分の事をそのまま芸に表現されているからなのです。人が年と共に男女の関係が稀薄成って来ます。しかし子供は夫婦のかすがい 、と言って希薄に成った両親を繋ぎ止めます。お互いに違った環境で育った男女が初めは若さで、好いた惚れたで一緒に成りますが、段々男女の愛情が薄れ、不倫、離婚と言った周囲の関係をも犠牲にしての行為が横行しています。合わぬところは。お互いに我慢をしながら、老いて行くことが寛容かと思います。どうしても鑑定上暮らして行けない両人も有ります。衣食住の確立した今日、現代人は心の分野で苦悩している人が多いようです。心は転ぶと言って、少しの心の向きを変えれば、陰転思考が、陽転思考に変わります。そして今までの考えのバカバカしさを嘲笑うような事柄に変化します。私たち占い師の立場から心から陽転思考と共に暮らせるように、全力を持ってアドバイスさせて頂きます。どうか、思いつ詰まった時がありましたら、覗いて下さい。現在の心境よりは幾分か改善の手助けに成らせて頂けるよう努力をさせて頂きます。有難う御座いました。

   朴周壮馬   拜

タグ

カテゴリ:

このページの先頭へ